WindowsにVagrant(仮想環境をプログラミングするツール)のインストール

Vagrantとは「仮想環境をプログラミングするツール」と言えます。
簡単に言うと、仮想マシンのインストールから設定まで事前設定に従い自動実行が可能なため、短時間、大量に同じ環境の構築が可能です。

【紹介記事】
「Vagrant」は仮想環境をプログラミングするツール。同一環境をどこにでも、いくつでもすぐに作成可能。Vagrant meetup 2013
http://www.publickey1.jp/blog/13/vagrantvagrant_meetup_2013.html

今回は、このVagrantをWindows 8(64bit)環境にインストールしたいと思います。

まず
http://www.vagrantup.com/
にアクセスし、少し下のところにある「DOWNLOAD」をクリックします。

Windows_Vagrant_install(3)

クリックすると、各種バージョン一覧が表示されますので今回は最新版の「v1.3.1」を利用したいのでクリックします。

Windows_Vagrant_install(4)

次に、対象OSの選択が出ますのでWindows用の「Vagrant_1.3.1.msi」をクリックします。
クリックするとダウンロードが開始されます。

Windows_Vagrant_install(5)

ダウンロードしたファイル「Vagrant_1.3.1.msi」を実行します。

Windows_Vagrant_install(6)

インストーラーが立ち上がりますので指示に従い進めていってください。

Windows_Vagrant_install(7)

Windows_Vagrant_install(8)

Windows_Vagrant_install(10)

Windows_Vagrant_install(11)

Windows_Vagrant_install(12)

Windows_Vagrant_install(14)

インストール完了後「すぐに再起動」しますか?と聞いてくるので任意に選択して下さい。

Windows_Vagrant_install(16)

再起動後コマンドプロンプトを開き「vagrant」と打ってください。
下記のようなメッセージが出ればvagrantのインストールは成功しました。

Windows_Vagrant_install(22)

Similar Posts:

One thought on “WindowsにVagrant(仮想環境をプログラミングするツール)のインストール

  1. Pingback: WindowsでVagrantによりVertualBox上にUbuntuを自動インストール | yoshikawa.64kb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。