Nexus7(2013)のキーボード付きケースを買ってみた

Nexus7(2013)用に、キーボード付きのケースを買ってみました。

本当は日本語配列がいいのですが、このような特殊な機材に無理を言っても仕方がないのでUS配列をしぶしぶ買いました。

今回購入したものはこちらになります。
(こちらの商品は、Nexus7用となってましたが、送付されてきた箱を見たところiPad miniでも利用可能な汎用品のようです)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(1)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(21)

今回選んだ基準は

  • キーボードが付いてること
  • カバーから本体が外しやすいこと
  • 本体をセットしたときに出来るだけ下部に位置すること
  • 液晶ぎりぎりまでカバーの枠が位置しないこと(画面の端からの操作時に支障が出る為)
  • 適度な値段であること(^^;

下記のような商品ものもあるのですが、これだと本体がちょっと上に位置して自分の希望に合いませんでした。

Nexus7(2013)キーボード付きケース(3)

また、以下の商品もとても悩みました。

こちらの(類似品?)は2012モデルのを家電量販店で1度見てきて、んーと思って買いませんでした。
本体をセットしたときに角度が一定で調整ができないんですよね。
また、液晶のカバーのようにして持ち運ぶため利用時には蓋を外す感じで、手軽に利用できないんじゃないかと思いやめました。
(2012モデル、Amazonでは結構な評価なので気にいる人にはいいのかもしれません)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(2)

本体をセットするとこんな感じになります。

Nexus7(2013)キーボード付きケース(7)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(8)

以下は、SONY VAIO Type-Pとの大きさの比較です。

厚さは圧倒的にType-Pの方が薄いです。(今回かったものが厚すぎるって気もしますが)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(9)

Type-Pに比べるとかなり奥行が長いです・・・。

Nexus7(2013)キーボード付きケース(10)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(11)

幅は7’ということで購入した物の方が短いです。
Nexus7(2013)キーボード付きケース(12)

その代りキー配列が「Func」キーと同時押しのちょっと特殊なキー配列になってます。
変則キーでキーの数を減らせたためか、キーの1つ1つはそんなに小さくありませんでした。
Nexus7(2013)キーボード付きケース(13)

以前購入したBluetoothキーボード「ELECOM TK-FBM023」と比べると幅が若干小さいです。

【以前の記事】
「Bluetoothキーボード「ELECOM TK-FBM023」のマルチペアリングの切り替え方法を調べてみた」
http://blog.yoshikawa.64kb.net/2013/09/01/173

Nexus7(2013)キーボード付きケース(15)

去年2012用に購入したのは下記のようなものになります。
これはケースに本体をすっぽり入れて使うタイプで、液晶ぎりぎりまでケースがあるため画面の端からの操作時に結構邪魔で買って失敗したなーと思ってました。

Nexus7(2013)キーボード付きケース(4)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(16)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(17)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(18)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(19)

Nexus7(2013)キーボード付きケース(20)

さて、本題のキーボードの使いやすさですが

えー うーん ちょっと安っぽさがあり自分的にはあまり良くないなーって感じがしました。(^^;
まー Bluetoothでケースもキーボードもついてこの価格なので納得するしかないでしょうか。

私の求めてることは、メールやメモがある程度快適に出きればいいかなってことで、友人のようにモバイルでバリバリコードを書くわけじゃないので良い気もします。

【記事紹介】
「iPad miniで持ち歩けるコーディング環境を作る」
http://blog.masuidrive.jp/2012/12/02/ipad-mini-codeeditor/

これでType-Pも持ち歩かなくていいかなーと思って買った今回の商品ですが、やっぱキーの打ちやすさはType-Pの方が全然打ちやすいので悩みどころです。
Type-PはCPUがAtomの初期ってことで色んなことが物凄く遅いんですよね。
なので、Nexus7の速度になれちゃうと旧型感がどうしても出てしまい残念です。

SONYさん、またこういうモバイルノート作ってくれないかなー。

PS
—–
次回の記事
「オンライン・ストレージ・サービス「Bitcasa」を1週間使ってみた後、有料契約してみた。」
http://blog.yoshikawa.64kb.net/2013/09/19/375

は、画像以外の文字入力のほとんどをこの環境で入力しました。
結構まともに使えています(^^)

 

また、約3か月後の記事

自分的、最近のタブレット端末での文字入力方法の変化について (無理やり外部キーボードを付けていたのを、通常のタッチパネルキーボードに変えました)

で、この方法を改め、通常時はケースを外して使うようになりました。

 

【2012用】

Similar Posts:

3 thoughts on “Nexus7(2013)のキーボード付きケースを買ってみた

  1. Pingback: オンライン・ストレージ・サービス「Bitcasa」を1週間使ってみた後、有料契約してみた。 | yoshikawa.64kb

  2. Pingback: ノートPCの延命処理(メーカー仕様以上のメモリ増設) | yoshikawa.64kb

  3. Pingback: 自分的、最近のタブレット端末での文字入力方法の変化について (無理やり外部キーボードを付けていたのを、通常のタッチパネルキーボードに変えました) | yoshikawa.64kb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。