安価な、「Lightning」「MicroUSB」ケーブルを買ってみた

充電依依存症の私は、家の中(寝室、居間、仕事場)で、とにかく充電できないとイライラするのですが、各種純正ケールを買うとかなりの金額になってしまいます・・・。

今まで、MicroUSBケーブルについては100円屋さんで買ってきて使ってたのですがいかんせん長さが短い(><)
今回、Amazonでよさそうなのを見つけて購入してみました。

Appleのドックコネクタは普通に100円屋さんである程度の長さのが手に入るのでそれを今でも買って利用してます。

AppleのLightningケーブルは中々安いのでよさそうなのがなかったのですが、今回AmazonでIOS7でも利用できていると記載されてるケーブルを購入してみました。(長さも十分です)

続きを読む «…»

Windows8 を Windows8.1にアップグレードしたら、ログイン後画面が真っ黒になったときの対処

Windows8 64bit Pro を8.1へアップグレードしてみました。

アップグレード自体は順調に進み、終了したのですが、その後ログインすると「エクスプローラーのリボンUI」が復活していたので、(私はWin8上で「Ribbon disabler」を利用していました)、もう1度「Ribbon disabler」を実行しDisableにし再起動したところ、ログイン後画面が真っ黒になり操作不能になりました・・・。

ググってみると確かにそのような症状があるようです(><)

http://log.shipweb.jp/?mode=datview&board_name=win&thread_key=1372265241&thread_id=1020227


(<del><span style="color: #ff9900;">*転載禁止だったのを忘れてましたすみません。 削除しました*</span></del>)

とありました。

「Ribbon Disabler」や「windows7 explorer for windows8」をアップデート前に設定してると上記の症状になるらしい。

 

私はバックアップを取ってなかったので、私の取った対処方法とし

  1. 別のPCをWindows8.1へアップデート(同じ64bit版で)
  2. アップデート完了後「C:\Windows\System32\」の「explorerframe.dll」をUSBメモリなどにコピー
  3. 真っ黒になっているマシンでタスクマネージャを立ち上げ
  4. 「explorerframe.dll」をUSBメモリからコピー
  5. 再起動
  6. 無事復旧しました

続きを読む «…»

自分的、お気に入り文房具(ホチキス、パンチングへん) ホチキス針No3、No11、No12番知ってますか? (紙が100枚程度の場合に有効、それ以上の時も対策あり)

私は各種ドキュメントを印刷して見るのが好きです。
モニターだとメモ書きも付箋も使えないし、目疲れるんですよね(--;

「No3」「No12」針を使えば、裁断し自炊した本をもう1度閉じることもできて便利です。
針によりますが最大240枚。

 

さて、ホチキス針、「No3」、「No11」、「No12」って知ってますか?

Stationery_stapler(20)

Stationery_stapler(25)

Stationery_stapler(24)

 

通常はNo10を使っているかと思うのですが、普通のホチキスって閉じれる枚数少なく感じませんか?

私は、結構紙に印刷してドキュメントとかを見るの好きな方で結構の枚数を綴じたいんです。
それをかなえてくれるのが、「No11」「No3」「No12」番です。

続きを読む «…»

暫くぶりにバイクの車検とった。(HONDA AfricaTwin)

4年程車庫で眠らせてたバイクの車検を取りました。
(HONDA AfricaTwin)

AfricaTwin_2013(1)Profile_Bike

車庫内で保管と言えどもかなり痛んでいたらしく、バイク屋さんの人に「これは、リストアに近いね・・・」と(>_<)

夏前に引き上げてやっと作業完了しました。

これなら、車検毎回取った方がいいかもしれません。
金額的にも(^^;)

北海道、乗れる時期は残り少ないですけど大事に乗らせて頂きますm(__)m

Vagrantで自動的にLAMP環境を自動インストール。(+WordPress)

今回は、「Vagrant」でLAMP環境「Linux(Ubuntu)」「Apache」「MySQL」「PHP」+「WordPress」環境を自動インストールしていきます。

今回からはWindows環境のみの作業方法ではなく、Linux等でも出来る汎用的な記載をしていきますので、Windowsに依存する部分はWindows用に読み替えてください。
(ほとんどはファイル編集部分かと思います)

前回の記事
WindowsでVagrantによりVertualBox上にUbuntuを自動インストール
の「1」までの作業完了し、Boxを取得しておいて下さい。

今回の作業は以下の内容になります。

  1. 仮想環境の構築
  2. 自動設定用ファイルの作成
  3. 「Vagrantfile」の編集
  4. 仮想マシンの立ち上げ
  5. 各種アプリの動作確 (ブラウザで動作確認)

 

1.仮想環境の構築


mkdir LAMP
cd LAMP

さて、これからOSのインストールを行います。
下記のコマンドを打ってインストール作業を行ってください。


vagrant init precise32

 

するとこのような内容が表示され、初期化が完了しました。


C:\Users\mi\LAMP&gt;vagrant init precise32
A <code>Vagrantfile</code> has been placed in this directory. You are now
ready to <code>vagrant up</code> your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
<code>vagrantup.com</code> for more information on using Vagrant.

続きを読む «…»

自分は、極度のバッテリー充電依存症? です。 が、好きでは無かったAppleが改善してくれました_(_ _)_

各種機材がほぼバッテリー残量100%じゃないととても不安になりますし、最大の稼働時間を確保したいためバッテリーを常に100%状態に保てるようすぐに充電します。

また、使うときも可能な限り充電状態で利用します。

いつからかこの様な体質になってしまったのでしょうか・・・。

 

10代の頃購入したノートPCはどれも実稼働1時間ちょっと持てば良いくらいで、持ち運べるパソコンってことでバッテリーはありがたく感じたくらいでした。

そのうち欲が出てきてある程度の処理速度、1日の作業をカバー出来るくらいの実稼働が欲しくなり色々試行錯誤し購入し「ミニノート」や「省電力CPU搭載」等色々使って当時出した結論は、「バッテリーの短さは体力でカバーする!」って結論で、「Compaq Armada E500(PDF)」ってノートPCにバッテリーを3個積んで実稼働8時間を実現してました、ちなみにノートPC一式の重さは約4キロ程度になってたかと思います。
それを体力でカバーし、仕事用にモバイルしてました。

まだ、このころは依存症ってことはなかったと思います。(バッテリー3個搭載のおかげで(^^))

 

ガラゲーが多機能化してきたころでしょうか、このころからバッテリーの短さに気になりだし、予備バッテリー2個と充電アダプタを常に持ち歩くようになっていったのかもしれません。

さて、昔話はここで終わりにして最近の事情を書いていきましょうか。

続きを読む «…»