Windows8 を Windows8.1にアップグレードしたら、ログイン後画面が真っ黒になったときの対処

Windows8 64bit Pro を8.1へアップグレードしてみました。

アップグレード自体は順調に進み、終了したのですが、その後ログインすると「エクスプローラーのリボンUI」が復活していたので、(私はWin8上で「Ribbon disabler」を利用していました)、もう1度「Ribbon disabler」を実行しDisableにし再起動したところ、ログイン後画面が真っ黒になり操作不能になりました・・・。

ググってみると確かにそのような症状があるようです(><)

http://log.shipweb.jp/?mode=datview&board_name=win&thread_key=1372265241&thread_id=1020227


(<del><span style="color: #ff9900;">*転載禁止だったのを忘れてましたすみません。 削除しました*</span></del>)

とありました。

「Ribbon Disabler」や「windows7 explorer for windows8」をアップデート前に設定してると上記の症状になるらしい。

 

私はバックアップを取ってなかったので、私の取った対処方法とし

  1. 別のPCをWindows8.1へアップデート(同じ64bit版で)
  2. アップデート完了後「C:\Windows\System32\」の「explorerframe.dll」をUSBメモリなどにコピー
  3. 真っ黒になっているマシンでタスクマネージャを立ち上げ
  4. 「explorerframe.dll」をUSBメモリからコピー
  5. 再起動
  6. 無事復旧しました

3.真っ黒になっているマシンでタスクマネージャを立ち上げ

ログイン後真っ黒になってるデスクトップで、「Ctl」+「Alt」+「Del」を押しタスクマネージャを起動

Win8.0_to_Win8.1_update_blackscreen(2)

 

「新しいタスクの実行」を選択し

Win8.0_to_Win8.1_update_blackscreen(3)

 

4.「explorerframe.dll」をUSBメモリからコピー

「参照」をクリックしUSBディスクに格納したファイルを「コピーする」
(「すべてのファイルを表示する」に切り替える)

Win8.0_to_Win8.1_update_blackscreen(4)

 

Win8.0_to_Win8.1_update_blackscreen(6)

 

コピーしたファイルを「C:\Windows\System32\」へ上書きする。

Win8.0_to_Win8.1_update_blackscreen(8)

再起動する。

再起動後ログインすると通常通りにデスクトップが表示されるかと思います。

 

今回は別のマシンからファイルを抜き出せたので対応できたのですが、別のマシンもなく、バックアップファイルもない場合はどうしたらいいのでしょうか・・・。

やはり、メイン作業マシンでのアップデートはもうしばらく情報が出てからの方が安全ですね。

恐ろしや。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。