ケン○ッキーを家庭でも作りたい! – (けど出来なかった)

料理ということで思いだして。

昔(10年以上前)、ケンタッキのオリジナルチキンを自分で作れないか再現してみようと考えた時期がありw

Webで検索すると、自前で粉を調合して売られてる方が居まして。
(ただ、その人も100%じゃないんですけど、試行錯誤中ですって)

ケンタッキーの特徴として圧力鍋で時間をかけて揚げるんですよね。(そのために圧力鍋を買った男ですw)

で、こちらのサイトを知り購入して作ってみました。

「ケンタミックスパウダー600g入り」
http://www.kissyouen.com/shop/m_shop.cgi?order=&class=&keyword=&FF=&price_sort=&mode=p_wide&id=5

「吉祥園」というお店で本業は「お茶」屋さんなんですが、趣味でケンタッキー似の調合した粉を売られている、ちょっと変わったお店です(^^)

「吉祥園」
http://kissyouen.com/

圧力鍋で、蓋をした状態で揚げるので温度調整しっかりしないと真っ黒になりますw

さて、出来の件ですがかなり似た味にはなります!
ただ、100%同じかといわれるとそうではなく、でもとても美味しいです。

と、書いていたら下記の記事発見!
「門外不出のケンタッキーの極秘レシピが海外サイトに流出」
http://www.yukawanet.com/archives/3405427.html

 

また、ケンタッキーって油が普通の家庭にある「サラダ油」じゃないんですよね。
「ショートニング」って油なんですよ。と書こうとしたら、現在は変わってるらしい。

【記事紹介】
「KFCケンタッキーレシピ研究~フライドチキンの作り方~ - KFCケンタッキーが使っている油研究」
http://blog.livedoor.jp/kfcrecipe/archives/447239.html


KFCでは、揚げ油に保存性の良いショートニングを使用してきた。
ショートニングに多く含まれるトランス脂肪酸は人体に有害であるという世論の高まりから、KFC社は米国などで消費者団体から提訴されており、2006年10月30日、米国本社は2007年4月までに北米でのショートニングの使用を取りやめると発表した。

米国本社でさまざまな代替品を検討した結果、遺伝子組み換えの低リノール酸大豆油が本来の味覚にもっとも近いということで採用される見通しである。
なお、日本KFCでも独自に昨年からトランス脂肪酸の少ない食用油への切り替えを進めている。
今後日本において米国と同じになるかどうかは不明である
(日本においては、ショートニングよりも、遺伝子組み換え大豆への抵抗が大きいため、同等品が採用される見込みは低い)。
ウィキペディアより

・・・

KFCはショートニングで揚げているのは確実だと思うけど、ショートニングもピンキリだし、今使っているって言う植物油もかなりこだわった独自の配合油を使っているんだろうな。

KFCサイトのアレルギー情報を見ると、調理過程で混入する場合があるものに、牛肉、豚肉がある。
ラードも少し使っているのか?旨み調味料として入っているのか?

揚げ物はやっぱり油で大きく違ってきます。なんたって油に旨みがありますから。普通のから揚げとの違いはハーブよりも揚げ油にこそあると思っています。

最近昔のケンタッキーに比べて味が落ちたと思うのは、やっぱり油を変えた要因が大きいんじゃないかと思うからな~。

ってことで、粉が作れたとしても、今度は油の問題が出るんですよ。

その事を知ってから、まねるのは諦め、「おいしけりゃいいか」って感じで自分好みのを作れるよう試してます。

 

その時の為にある力鍋を買いました。
ある程度大きくないと駄目らしいのでこれを買った記憶が。

Amazonだと安いなー、普通に量販店で買ったので2万位した記憶が。

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。