最近(2013/12)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた

以前投稿した記事
これが当たり前(日本なら?) ついにAmazonが本1冊のみ買ったら郵便受けに入れていってくれるようになった
http://blog.yoshikawa.64kb.net/2013/12/07/991

でAmazonで書籍を購入したら「ポスパケット」でポスト投稿するようになったと記載しましたが、何やら色々条件が有るみたいです。   試してみた内容は

技術書1冊(350ページ)を買ってみた。

「通常の宅急便で来た」

技術書1冊(170ページ)を買ってみた。

「ポスパケットで来た」

CDを1枚買ってみた。

「ポスパケットで来た」

DVDと技術書1冊(170ページ)を買ってみた。

「ポスパケットで来た」 が、郵便受けに入りきらなかったようでチャイムを鳴らされる。

さてここからが本題で

技術書1冊(350ページ)を買ってみた。

いつものようにパッキングされ宅急便で届きました。

最近(201312)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

最近(201313)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

技術書1冊(170ページ)を買ってみた。

「ポスパケット」で届きました。 梱包材の上の「Software Desine」は大きさの比較用です。

最近(201319)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

最近(201322)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

CDと技術書1冊(170ページ)を買ってみた。

「ポスパケット」で届きました。 が、郵便受けに入りきらなかったようでチャイムを鳴らされる。 内部の梱包はいつものように段ボールの台紙がありビニールでパッキングされてる感じでした。

最近(201314)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

最近(201323)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

 

箱の厚さは大体CDケース、2.5枚程度でしょうか。

最近(201315)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

 

箱の幅はDVDケースと比較してこんな感じです。

最近(201316)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

 

箱の全体サイズはDVDとくらべこんな感じです。

最近(201317)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

 

梱包材の上の「Software Desine」は大きさの比較用です。

最近(201318)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

 

DVDを1枚買ってみた。

「ポスパケット」で届きました。

最近(201320)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

最近(201321)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた(1)

 

 

現時点での郵送方法の推測

  • 1冊の本のみを購入しても、厚さの違いにより「宅急便」と「ポスパケット」の2種で来ることがある。
  • 厚さがないものでも「箱タイプ」の「ポスパケット」で来ることがある。 (この時郵便受けに入らない場合はチャイムを鳴らされ、宅急便と同様に受け取る手間がある)
  • DVDなどの小物は「ポスパケット」で来るようだ。

私のように、マンションの管理人さんや、他の人が受け取ってくれる環境がない場合は、注文時に色々考えさされました。

「技術書+CD」で注文したものが「ポストパケット」でも、家のポストに物理的に入らないのであれば面倒です。 その場合、Amazonさん、運送会社には大変申し訳ないですけど、「技術書」「CD」と別々に注文し2個送ってもらうと、どちらも「ポストパケット」になり、ポストに投函出きるサイズになり受け取る手間が省けるかもしれません。

んー Amazonを多用する自分としては、勝手に置いていってもらって一向に構わないんですが、宅急便扱いだとそうもいかないようで、悩みどころです。
やっぱり、今現在は週末+時間指定がベストなのかなー。

Similar Posts:

One thought on “最近(2013/12)の、Amazon様の郵送方法を解析してみた

  1. Pingback: これが当たり前(日本なら?) ついにAmazonが本1冊のみ買ったら郵便受けに入れていってくれるようになった | yoshikawa.64kb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。