開発環境構築 – Windows 8.1 Proで、ローカル開発環境(LAMPっぽいもの)の構築手段の選定。 – 001 (VMの選定)

Windows8 Proで「LAMP」っぽい実行環境を出来るだけお金かけないで、「sshd」と「git」コマンドを使える環境の構築を試行錯誤してみた。
(友人には諦めて大人しくMac(OSX)を使えと言われるが、どうもあのUIが気に入らなくて、MacMiniも持ってるのですがここ2年ほど起動してないような・・・)

構築手段選択

  • Cygwinを使う。
    (「AMP」環境が本物?ではないのとGit利用時のパーミッション問題で色々あり挫折)
  • Hyper-Vを使う。
    (ターゲットとする端末のCPUが仮想メモリ管理機能の一部を搭載していなく実行不可)
  • VM Ware Playerを使う。
    (商用利用不許可なので却下)
  • Virtual BOXを使う。

本来なら個人的に、Windows8 Pro に搭載されている、「クライアント Hyper-V」を利用しクライアント上に「Ubunu」をインストーし利用したかったのですが、CPUが仮想メモリ関連の一部を搭載していなくHyper-Vを実行できない状態だったため、泣く泣く候補から外すことに。

2013-12-29_033127

で、最終的に残ったのが「Vietual Box」になりました。
以前も記事で「Vagrant」を使い「Virtual BOX」を設定したので、この方法で行ってみようかと思います。
Vagrantで自動的にLAMP環境を自動インストール。(+Wordpress)

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。