JDKの設定(Windows 8.x 64bit編)

Windows 8.x (64bit)用にJDKの設定を行います。
JDKのバージョンは都度変わるので読み替えてください。

手順としては

  • JDKのダウンロード
  • JDKのインストール
  • 環境変数の設定
  • JDKの実行確認

になります。

 

JDKのダウンロード

下記のURLより該当するJDKの最新版をダウンロードします。

http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/overview/index.html
(2014/01/12現在 「Java SE Development Kit 7u45」が最新版でした。)

 

「ダウンロード」をクリックします。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(5)

 

JDKの最新版は、USサイトからダウンロード可能なようですので、「こちら(USサイト)」をクリックします。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(6)

 

USサイトに移動したら、ライセンスに同意するため「Accept License Agreement」を選択します。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(7)

 

ライセンスに同意したメッセージに切り替わるので、対象のファイルをダウンロードします。
今回はWindows 64bit版ですので「jdk-7u45-windows-x64.exe」になります。
(少し下にスクロールすると見えてきます。)

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(8)

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(9)

 

JDKのインストール

ファイルのダウンロードが完了したらファイルをダブルクリックしインストールを開始します。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(10)

 

 

インストーラーが立ち上がりますので「次へ」を押します。
(インストーラーが立ち上がる前にWindowsのUACの警告が出るので「OK」を押して進んでください)

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(12)

 

デフォルトのまま「次へ」を押しインストールを行ってもいいですが、私はJDKのバージョンがアップデートしたとき面倒なので「インストール先」を変更します。
(変更しないでそのまま進んでも結構です。)

インストール先の変更は「変更」をクリックし。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(13)

 

インストール先の「フォルダ名」設定項目があるのでそこに任意で入力するか、アイコンを選択しインストール先を指定してください。
(私は、「C:\Program Files\Java\jdk1.7.x\」としました。)

フォルダ名指定完了後「OK」を押してください。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(15)

 

1つ前の画面に戻りますが「インストール先」が設定したフォルダに変わっていることが確認できます。

問題なければ「次へ」を押して「JDK」のインストールを行ってください。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(16)

 

インストールが自動的に行われます。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(17)

 

JDKのインストール後「JRE」のインストールを行います。
(私は、ここではインストール先を変更せずデフォルトのままにしました。)

インストール先フォルダが良ければ「次へ」を押してJREのインストールを行ってください。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(18)

 

インストールが自動的に行われます。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(19)

 

「JDK」「JRE」のイントールが正常完了したら子のようなメッセージが表示されるかと思います。

「閉じる」を押し終了してください。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(20)

 

 

JDKの設定

「Windowsキー」+「x」を押し「コントロールパネル」を開きます。
(Windows8以下であれば、スタートメニューより「コントロールパネル」を選択してください。)

「プログラムと機能」をクリックし、JDKが正しくインストールされたか確認します。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(21)

 

スクロールしていき

  • JAVA 7 Update 45 (64-bit)
  • JAVA SE Development Kit 7 Update 45 (64-bit)

が表示されていれば、無事インストールが完了しています。

 

「JRE」をインストールしていない人は

  • JAVA 7 Update 45 (64-bit)

の表示は無いかと思います。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(22)

 

次に、JAVAの環境変数の設定を行います。

コントロールパネルの「システム」をクリックして下さい。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(23)

 

左側にある「システムの詳細設定」をクリックします。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(24)

 

「環境変数」をクリックします。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(25)

 

「環境変数」の設定画面が表示されますので下部の「システム環境変数」の項目に「JAVA_HOME」がなければ「新規」押し値を追加します。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(26)

 

変数名に「JAVA_HOME」
変数値に、JDKのインストール先を入力します。
(私はインストール先を変更してますので「C:\Program Files\Java\jdk1.7.x\」になります)

デフォルトインストールだと「C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_45\」になるでしょうか。

JDKをインストールしたフォルダ名を正く入力したら「OK」を押し値の追加を確定します。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(29)

 

「JAVA_HOME」が追加されたことが確認できます。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(30)

 

次にJDK関連のファイルの実行用に「Path」の値を変更します。
「Path」を選択し、「編集」を押して下さい。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(31)

 

私は、「Path」の変数値の最後に追加しました。
「;」を入力後にJDKをインストールした「フォルダ名\bin」を入力してください。
(私の場合は「C:\Program Files\Java\jdk1.7.x\bin」になります)

デフォルトインストールだと「C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_45\bin」になるでしょうか。

フォルダ名を正く入力したら「OK」を押し値の修正を確定します。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(32)

 

「Path」の最後に追加したので、ここでは長すぎて見えませんが、正しく修正されたはずです。

「OK」を押し、「環境変数」の設定を確定します。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(33)

 

1つ前の画面に戻りますので「OK」を押し、設定を完了します。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(34)

先ほど設定した「環境変数」を適用するために、ここで1度OSを再起動します。

 

JDKの実行確認

再起動後「Windowsキー」+「x」を押し「プログラムを指定して実行」を選択します。
(Windows8以下ですとスタートメニューから「プログラムを指定して実行」を選択して下さい)

「cmd」と入力し「OK」を押しコマンドプロンプトを起動します。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(36)

 

「コマンドプロンプト」が起動したら「javac –version」と打って「Enter」を押してください。
先ほどの「環境変数」の「Path」が正しく設定されていれば下記のように「バージョン番号」が表示されます。

問題なく「バージョン番号」が表示されれば「JDK」の「インストール」及び「設定」は完了です。

JDKの設定「Windows 8.x 64bit編」(37)

 

ここでエラーが出る場合は「環境変数」の「Path」の値が正しくないと思われますので、「Path」の設定手順まで戻りもう1度再設定してみてください。
(再設定後にOSの再起動を忘れずに行ってください。)

Similar Posts:

2 thoughts on “JDKの設定(Windows 8.x 64bit編)

  1. Pingback: eclipse×Django×Pydevで環境設定 – 新幹線は、かりあげ

  2. Pingback: eclipse×Django×Pydevで環境設定② – 新幹線はかりあげ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。