ルンバ似の、格安(5980円)お掃除ロボットを買ってみた。(CCP CZ-860 LAQULITO)

Amazonのタイムセールを見ていたら、ルンバ似のお掃除ロボット「CCP CZ-860 LAQULITO」が5980円で売られていました。

評価欄を見たところ掃除機能にあまり文句は無く、バッテリーについてかなり不満が書かれていました。
調べたところこの機器に付属しているバッテリーは「ニッカド電池」で、最近の「リチウムイオン」などとは違いかなり古い世代のものになりますね。

ニッカド電池の特徴とし「継ぎ足し充電に弱い」と言う事です。
現在普通にスマホやノート等バッテリーが残っている状態から充電開始とかしますが、ニッカド電池で同じことをするとすぐに寿命になります
(この内容は説明書内部にもちゃんと記載されています。)

Wikipedia
■「ニッケル・カドミウム蓄電池」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%83%A0%E8%93%84%E9%9B%BB%E6%B1%A0

上位機種であれば「ルンバ」のように自動的に充電ステーションに戻る機能などもあるようですが、価格が2万ほどでしたのでお試しでこちらの格安の物を購入してみました。

 

届いたのが以下のようなものになります。

DSC_0054

DSC_0058

DSC_0060

価格面を抑えるためか、機能的にはかなり絞り込んだ内容となってますが、初めてのお掃除ロボットのお試し価格にしてはかなり格安で良いのでは?と思います。

DSC_0062

DSC_0063

 

また、最初の方に記載しましたバッテリーですが、以下のような感じです。
物的にはとても単純で、汎用のバッテリーセルをただ単に束ねたって感じですね。

DSC_0055

Amazonのレビューにも記載されていましたが「標準のバッテリーはすぐ壊れる。だが、「ニッカド電池」ではなく「ニッケル水素電池」に交換したところ十分すぎるほどの性能が出てます」と記載されていました。

「ニッケル・水素充電池」は現在充電式乾電池として売られてる物の技術で「継ぎ足し充電」にも耐えれます。

Wikipedia
■ニッケル・水素充電池
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E5%85%85%E9%9B%BB%E6%B1%A0

 

「ニッカド電池」のバッテリーの特性についての充電方法の注意点などちゃんと説明書に記載されています。

DSC_0061

 

私も小学生時代に、おもちゃのラジコンカーで遊んでた時に「ニッカド式充電乾電池」をかなり利用しており、ちゃんと使い方を守ればそれなりに使えるものと思います。

あとは、付属のバッテリーがダメになったら自作で「ニッケル水素電池」に交換してみようという感じで買いました。

 

バッテリーはこのように、背面から着脱可能です。

DSC_0059

 

さて、どの程度使えるかはこれから使ってみなきゃわかりませんが、まずやることは

お掃除ロボットが掃除可能なように、床のに物を置かない環境(ルンバフリー)を作ることからですね・・・(^^;

■【大掃除にまだ間に合う】 プログラマがやるとこうなる!自宅をルンバフリー環境にする方法を大公開!
http://www.infiniteloop.co.jp/blog/2011/12/roombafre/

■【ルンバ導入準備】ルンバに適した部屋の作り方
http://matome.naver.jp/odai/2136833906190794801

 

Similar Posts:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。