うぐっ、この割引は・・・ほしい - 「【Creative Suite3~6/CS3~6 購入者様への特別クーポン】「Adobe Creative Cloud 12ヶ月版」がクーポンでさらに40%OFF」

AmazonでAdobe Creative Cloudが期間限定40%OFFセールやってる。

安いなぁ、ほしい・・・。

 

本キャンペーンは過去に Amazon.co.jp で Creative Suite3~6/CS3~6を購入したお客様限定でご案内しています。

2014年3月3日(月)0時00分 から 2014年5月30日(金)23時59分(日本時間)の期間中、
本ページ記載のクーポンを使用して対象の「Adobe Creative Cloud 12ヶ月版」をお買い上げいただくと、表示価格からさらに40%OFFになります

WS000010

WS000011

WS000012

対応OSについて

「パッケージ版」も「ダウンロード版」のいずれもMac OSとWindows OSの両方でお使いいただけます。
※Amazon.co.jpの仕様により、「ダウンロード版」はMac版とWindows版の2種類がございますが、名称が異なるだけで同一の製品です(両方のOSでお使いいただけます)。

 

ダウンロードクーポン:CCM4ODWL

 

 

パッケージクーポン:CCM4OPKG

 

キャンペーン参加方法

本ページ掲載の「Adobe Creative Cloud 12ヶ月版」をカートに入れて、注文確定画面にて以下に記載のクーポンコードを入力してください。
注文金額合計から指定金額の値引きが適用されていることを確認の上、ご注文を確定してください。

※ 2014年5月30日(金)23時59分までにご注文を確定してください。
※ 指定金額割引後の金額がご注文の合計金額となります。
※ クーポンは期間中、おひとり様1回限りのご利用となります。
※ クーポンは、過去に Amazon.co.jp で Creative Suite3~6/CS3~6を購入したお客様ご本人のみがご利用できます。ほかの方はご利用いただけないのでご注意ください。
※ Amazonマーケットプレイスでのご注文は割引の対象外となりますのでご注意ください。
※ 「ご利用上の注意事項」「細則」 をよくお読みになり、キャンペーンにご参加ください。

ALMinium(Redmine便利カスタマイズ版)が、最近のOS環境でJenkinsを選ぶとインストールが完了しない時の対策(暫定版)

下記記事記載後「2014/5/4」に同様の手順にて作業したところインストールスクリプト序盤で「ruby」のインストールに失敗してるようで、正しくインストールできない状態でした。


mysqld を起動中:                                           [  OK  ]
which: no ruby in (/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin)
/tmp/alminium /tmp/alminium
% Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--
0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--
0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--
113   226  113   226    0     0    217      0  0:00:01  0:00:01 --:--:--   217
--2014-05-04 22:49:39--  http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-.tar.gz
ftp.ruby-lang.org をDNSに問いあわせています... 221.186.184.75
ftp.ruby-lang.org|221.186.184.75|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 404 Not Found
2014-05-04 22:49:39 エラー 404: Not Found。

エラー: 1 行目: 不明なタグ: <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN">
エラー: ファイルが見つかりません (by glob): /root/rpmbuild/RPMS/x86_64/ruby-1.9.3*.rpm
/tmp/alminium
Submodule 'theme/gitmike' (https://github.com/alminium/redmine-theme-gitmike) registered for path 'theme/gitmike'
Submodule 'theme/railsgun' (https://github.com/alminium/redmine_railsgun_theme) registered for path 'theme/railsgun'
Initialized empty Git repository in /tmp/alminium/theme/gitmike/.git/
remote: Counting objects: 34, done.
remote: Compressing objects: 100% (21/21), done.
remote: Total 34 (delta 7), reused 34 (delta 7)
Unpacking objects: 100% (34/34), done.
Submodule path 'theme/gitmike': checked out 'b05dd2caeb86f4011d745ff791f36a7ddcbb1ece'
Initialized empty Git repository in /tmp/alminium/theme/railsgun/.git/
remote: Reusing existing pack: 84, done.
remote: Total 84 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Unpacking objects: 100% (84/84), done.
Submodule path 'theme/railsgun': checked out 'c289e3e797fbb9429826414d29e8ef3ff7e39641'
which: no gem1.9 in (/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin)
inst-script/gems: line 21: gem: コマンドが見つかりません
inst-script/gems: line 21: gem: コマンドが見つかりません
inst-script/gems: line 21: gem: コマンドが見つかりません
inst-script/gems: line 33: gem: コマンドが見つかりません

 

 

えーと 「ALMinium」(Redmine便利カスタマイズ版)をインストールしようとし、ここ丸1日はまった結果 単純な方法で解決したました。

寝てないのでとりあえず簡単に箇条書きで要点を記載していきます。

  • 「Ubuntu 14.04 LTS」出たぜやっほー ということで、各種サーバのリプレイスの試験を始めた。
  • 試験環境は「VM Ware ESXi 5.5」内に仮想サーバ構築で行った。
  • ALMinium」をUnuntu 14.04 LTS に入れようとしたが、インストール中にパッケージが無くなってるとのことであっさり玉砕。
  • Ubuntu 12.04 LTSもまだいけるよね? ってことでセットアップは完了したが、こちらはjenkinsが入ってない。
  • じゃー ということで 「Centos 6.5」にインストール開始、意味不明なエラーが出たり最後まで行ってもjenkinsのチェックで無限ループになり終わらない。(jenkinsを切れば使える)
  • 上記のパッチを当てても状況改善されず。
    こんな感じの現象「jenkinsのインストールスクリプトが完了しない #120
  • ruby関連をいろいろいじりわけわからなくなり何度も再インストールから再開。
  • ネットを調べるが「Centos 6.4」「Centos 6.5」共に動いてる人は苦労せず動いてる模様。
  • で、どっかのサイトのスクリーンショットにインストール時にOSの種別判定分が表示されてることに気が付く、自分の環境では出ない。
  • なんかの直観で、Centos 6.5で最初に「apt-get update」しない状況で、支持通りにコマンドを打った。
  • OS判定メッセージも出て「RedhatEL」と認識されてる。
  • すんなりインストール完了。(初期のjenkins問題も起きない)

えー 私のこの1日は何だったんでしょうか・・・。

たぶんインストーラーのOSバージョン判定がミスってるんだと思いますが、今日は体力ないので本家の記事探す気なし。

もしかしたら周知の不具合なのかもしれませんが・・・。

とりあえず動きました。

ただ、この後どうするかが問題ですよねアップデートしてない巣の状態ですから。

WS000004

 

 

アプリ開発時に「ドメイン名」でハマる・・・。

私が現在使用しているドメインは「64kb.net」という先頭が数字のドメイン名です。
このドメインを使って10年以上たちますが特に不具合を感じたことなかったのですが、IOSアプリ開発、Androidアプリ開発時にはまってしまいました。
(Javaとかのパッケージ名指定とかでは当たり前ですよね。PHPでも・・・。今まで気にする機会が機会が少なかったためあまり気にしてませんでした)

アプリ固有の「識別子」の設定が必要なのですがたいてい「ドメイン名.アプリ名」などとします。
今回サンプルでを見ながら作った「balans_ball」というアプリだと「net.64kb.balans_ball」になるんですよね。

これで、Unityではじかれてしまいました。
(前にも、Titanium Mobileでの開発時にもはじかれてしまった記憶が)

 

「Bundle Identifier」がそれに当たります。

Apps_Buld_Error_Domain_Name(2)

 

このままビルドしようとすると以下のようなエラーが出ます。

「Bundle Identifier has not been set up correcty」

Apps_Buld_Error_Domain_Name(3)

 

またドメイン名の中に「-」が入ってるのもはじかれてしまいました。
最初以外の「_」は問題ないようです。

 

 

AndroidがPC(Windows)から認識しない場合に最新版のUSBドライバをインストールする。

Nexus7(2013)がPCから自動認識されなかったので新しいUSBドライバをダウンロードしインストールしたいと思います。

対象PCのOSは、「Windows8.1 Pro」になります

まず、Android端末側の設定の「開発者向けオプション」内の「USBデバッグ」にチェックをつけます。

Android_New_USB_Driver(12)

 

 

USBデバッグを許可するか問い合わせしてきますので「OK」を選択します。

 

Android_New_USB_Driver(13)

 

この状態でPCにUSB接続し、「コントロールパネル」から「デバイスマネージャ」を開きます。

すると、「Nexus7」が認識されていないのがわかると思います。

Android_New_USB_Driver(1)

続きを読む «…»

自分的、お気に入りアプリ紹介(Android) – 「Light Flow Lite – LEDと通知制御」

このアプリはガラゲーにあったような、特定イベントでLED制御をしてくれるアプリになります。

他言語化されているので初心者にでも設定しやすいと思います。

アプリ名(無料):「Light Flow Lite – LEDと通知制御」 Google_play_btn_en_generic_rgb_wo_45
アプリ名(有料):「LEDと通知制御」 Google_play_btn_en_generic_rgb_wo_45

なぜか、無料版と有料版で若干名前が違います(^^;

 

私の持っている端末、「GalaxyS2では背面カメラ用フラッシュLED」、「Nexus7(2013)では横にしたとき、前面にある右中央」が光りました。

端末によりかなり設定が違うようなので、皆さんが持っている端末で光るように色々試してみてください。

また、無料版と有料版の違いは、対応しているアプリのようです。
有料版だと、「050Plus」や「スカイプ」「Tweeter」などものすごい数に対応しています。

光るって結構便利ですよ!

 

WindowsでVagrantによりVertualBox上にUbuntuを自動インストール

さて、今回はWindowsのローカルVierualBoxにUbuntuをVagrantで自動インストールしていきたいと思います。

今回の作業前に前回までの下記記事の作業を完了してください。

 

 

今回の作業内容は以下のような作業を行って行きたいと思います。

  1. Boxを取得(仮想マシンのテンプレート)
  2. 仮想マシンを初期化
  3. 仮想マシンの起動
  4. 仮想マシンの起動状態を変更
  5. 仮想マシンにSSHで接続する
  6. 仮想マシン試しにApacheをインストールし起動する
  7. 仮想マシンのネットワーク設定を変更する

1.Boxを取得(仮想マシンのテンプレート)

http://docs.vagrantup.com/v2/

Windows_Vagrant_Ubuntu_install(1)

にアクセスし、「Getting Started」を選択し「Boxes」を選択します。
こちらにBoxのINSTALL方法が記載されています。

Windows_Vagrant_Ubuntu_install(2)

続きを読む «…»