ALMinium(Redmine便利カスタマイズ版)が、最近のOS環境でJenkinsを選ぶとインストールが完了しない時の対策(暫定版)

下記記事記載後「2014/5/4」に同様の手順にて作業したところインストールスクリプト序盤で「ruby」のインストールに失敗してるようで、正しくインストールできない状態でした。


mysqld を起動中:                                           [  OK  ]
which: no ruby in (/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin)
/tmp/alminium /tmp/alminium
% Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--
0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--
0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--
113   226  113   226    0     0    217      0  0:00:01  0:00:01 --:--:--   217
--2014-05-04 22:49:39--  http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-.tar.gz
ftp.ruby-lang.org をDNSに問いあわせています... 221.186.184.75
ftp.ruby-lang.org|221.186.184.75|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 404 Not Found
2014-05-04 22:49:39 エラー 404: Not Found。

エラー: 1 行目: 不明なタグ: <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN">
エラー: ファイルが見つかりません (by glob): /root/rpmbuild/RPMS/x86_64/ruby-1.9.3*.rpm
/tmp/alminium
Submodule 'theme/gitmike' (https://github.com/alminium/redmine-theme-gitmike) registered for path 'theme/gitmike'
Submodule 'theme/railsgun' (https://github.com/alminium/redmine_railsgun_theme) registered for path 'theme/railsgun'
Initialized empty Git repository in /tmp/alminium/theme/gitmike/.git/
remote: Counting objects: 34, done.
remote: Compressing objects: 100% (21/21), done.
remote: Total 34 (delta 7), reused 34 (delta 7)
Unpacking objects: 100% (34/34), done.
Submodule path 'theme/gitmike': checked out 'b05dd2caeb86f4011d745ff791f36a7ddcbb1ece'
Initialized empty Git repository in /tmp/alminium/theme/railsgun/.git/
remote: Reusing existing pack: 84, done.
remote: Total 84 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Unpacking objects: 100% (84/84), done.
Submodule path 'theme/railsgun': checked out 'c289e3e797fbb9429826414d29e8ef3ff7e39641'
which: no gem1.9 in (/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin)
inst-script/gems: line 21: gem: コマンドが見つかりません
inst-script/gems: line 21: gem: コマンドが見つかりません
inst-script/gems: line 21: gem: コマンドが見つかりません
inst-script/gems: line 33: gem: コマンドが見つかりません

 

 

えーと 「ALMinium」(Redmine便利カスタマイズ版)をインストールしようとし、ここ丸1日はまった結果 単純な方法で解決したました。

寝てないのでとりあえず簡単に箇条書きで要点を記載していきます。

  • 「Ubuntu 14.04 LTS」出たぜやっほー ということで、各種サーバのリプレイスの試験を始めた。
  • 試験環境は「VM Ware ESXi 5.5」内に仮想サーバ構築で行った。
  • ALMinium」をUnuntu 14.04 LTS に入れようとしたが、インストール中にパッケージが無くなってるとのことであっさり玉砕。
  • Ubuntu 12.04 LTSもまだいけるよね? ってことでセットアップは完了したが、こちらはjenkinsが入ってない。
  • じゃー ということで 「Centos 6.5」にインストール開始、意味不明なエラーが出たり最後まで行ってもjenkinsのチェックで無限ループになり終わらない。(jenkinsを切れば使える)
  • 上記のパッチを当てても状況改善されず。
    こんな感じの現象「jenkinsのインストールスクリプトが完了しない #120
  • ruby関連をいろいろいじりわけわからなくなり何度も再インストールから再開。
  • ネットを調べるが「Centos 6.4」「Centos 6.5」共に動いてる人は苦労せず動いてる模様。
  • で、どっかのサイトのスクリーンショットにインストール時にOSの種別判定分が表示されてることに気が付く、自分の環境では出ない。
  • なんかの直観で、Centos 6.5で最初に「apt-get update」しない状況で、支持通りにコマンドを打った。
  • OS判定メッセージも出て「RedhatEL」と認識されてる。
  • すんなりインストール完了。(初期のjenkins問題も起きない)

えー 私のこの1日は何だったんでしょうか・・・。

たぶんインストーラーのOSバージョン判定がミスってるんだと思いますが、今日は体力ないので本家の記事探す気なし。

もしかしたら周知の不具合なのかもしれませんが・・・。

とりあえず動きました。

ただ、この後どうするかが問題ですよねアップデートしてない巣の状態ですから。

WS000004

 

 

Windows8 Proの、VirtualBoxで対象OSのバージョンに(64bit)が表示されなく悩んだ。(原因はまた奴のせいでした・・・)

最初に結論を書きます。

「Windows8 Pro」標準搭載の仮想環境「hyper-v」を有効にしてると、他の仮想マシンアプリ(VirtualBox等)から64bitCPUとして認識されないらしい。

Microsoftのアホー これ解消するのに何時間悩んだと思うんだ!(TT)

 

以前ににたような感じで

Windows8 Proで、CPU仮想支援機能(VT/AMD-V)が有効にならなくて悩んだ。(元々は使えていたのに)

と言うのではまったこともありました。

 

 

さて、Vigrant用のBOXファイルを作成しようとVirtualBoxでUbuntuの64ビット版をインストールしようとしたら、仮想マシンの「新規」作成を行おうとしたところ「タイプ」に「Linux」を選択、バージョンで「Ubuntu」を選択。(なぜかUbuntu(64bit))の選択がなかった。

Windows8 Proの、VirtualBoxで対象OSのバージョンに(64bit)が表示されなく悩んだ(1)

 

変だなと思いながら起動してみるもエラーがでてしまう。

Windows8 Proの、VirtualBoxで対象OSのバージョンに(64bit)が表示されなく悩んだ(2)

 


This kernel requires an x86-64 CPU, but only detected an i686 CPU.
Unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU.

とエラーが出ます。

Windows8 Proの、VirtualBoxで対象OSのバージョンに(64bit)が表示されなく悩んだ(3)

 

自分のマシンは「64bit」にも「Intel VT」機能も有効になってます。

Windows8 Proの、VirtualBoxで対象OSのバージョンに(64bit)が表示されなく悩んだ(4)

続きを読む «…»

Windows8 Proで、CPU仮想支援機能(VT/AMD-V)が有効にならなくて悩んだ。(元々は使えていたのに)

最初に結論を書きます。

「Windows8 Pro」標準搭載の仮想環境「hyper-v」を有効にしてると、他のアプリからCPU仮想支援機能(VT/AMD-V)が使用できなくなるみたい。

Microsoftのアホー これ解消するのに何時間悩んだと思うんだ!(TT)

さて、以前Vagrant記事書いた時や、普通にVirtualBoxやVM Wareを使ってて、久々にVagrandいじろうと思い久々に「vagrant up」したらエラーメッセージがでて。

C:\Users\mi\LAMP&gt;vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
[default] Clearing any previously set forwarded ports...
[default] Creating shared folders metadata...
[default] Clearing any previously set network interfaces...
[default] Preparing network interfaces based on configuration...
[default] Forwarding ports...
[default] -- 22 =&gt; 2222 (adapter 1)
[default] -- 80 =&gt; 8080 (adapter 1)
[default] Booting VM...
[default] Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
The guest machine entered an invalid state while waiting for it
to boot. Valid states are 'starting, running'. The machine is in the
'poweroff' state. Please verify everything is configured
properly and try again.
If the provider you're using has a GUI that comes with it,
it is often helpful to open that and watch the machine, since the
GUI often has more helpful error messages than Vagrant can retrieve.
For example, if you're using VirtualBox, run `vagrant up` while the
VirtualBox GUI is open.

おかしいなーと思い、直接VietualBoxから実行してみると

VTが有効にならない(1)     とエラーが出ます。 intel VT対応マシンでBIOSでも有効になってて前は使えてたのになんのことやら。 続きを読む «…»