やってみよう! ~ 低スペックPCや、低通信速度、多様な端末から24時間Windows環境を擬似的に使える環境を作れないかやってみる ~ はじめに

※現在筆記中。

目標環境

  • WindowsXP世代のロースペックマシンや、タブレット等から、24時間いつでも同じ環境のWindowsが使える環境。
    (ゲームや、3D処理、動画再生、Photo shop等、重量級は対象外とする)
  • 目標の操作側の通信速度は、現在大量に増殖してる「格安SIM」系で、実効スピード200kbps程度で使たらいいな。

 

需要ありますかねー?

もしこれを見た方へ

 

安めの中古パソコン等を買う時に気を付けると良い事

この内容は20014年8月現在の内容になります。
この内容は2014年8月現在の内容になります。
↑最初、誤字で超未来にw
時代によって下記で紹介するパーツ等の価格は変動しますので、その時代に合った風に読み替えてください。

えー、書きだすとどんどん長文になり疲れてきたので、箇条書きに要点だけ記載して来ます。
(また、書いてるうちに変態的な内容が多くなってしまいました・・・。 わからない部分はすっ飛ばしてください)

ちなみに私は最近、風呂グラミング用とし、ACアダプタ無しの「HP compaq nx9040」を「こちらから」1980円で購入し「xubuntu」を入れ利用してます。

えー お風呂でPCを使うのはとても危険です!。 感電死することもあるので通常の方は真似しない方がいいと思います。

私は15年近く前から持ち込んでますが、水滴や水蒸気でPCを壊す可能性が大なので大切な物でやらない方が賢明です・・・。

でもね、あの狭く音が遮断された空間ってかなり集中出来るんですよねー。
トイレじゃダメでしたw

 

 

メインマシン以外の用途等で安価なパソコンが欲しくなることが有るかと思います。
(リビング動画再生用、お風呂パソコン、海やキャンプ、バイクツーリングなどの悪条件で酷使し壊れても良い用、等)
私なりのその時に気を付けると良いと思う事を記載してみたいと思います。

続きを読む «…»

ALMinium(Redmine便利カスタマイズ版)が、最近のOS環境でJenkinsを選ぶとインストールが完了しない時の対策(暫定版)

下記記事記載後「2014/5/4」に同様の手順にて作業したところインストールスクリプト序盤で「ruby」のインストールに失敗してるようで、正しくインストールできない状態でした。


mysqld を起動中:                                           [  OK  ]
which: no ruby in (/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin)
/tmp/alminium /tmp/alminium
% Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--
0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--
0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--
113   226  113   226    0     0    217      0  0:00:01  0:00:01 --:--:--   217
--2014-05-04 22:49:39--  http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-.tar.gz
ftp.ruby-lang.org をDNSに問いあわせています... 221.186.184.75
ftp.ruby-lang.org|221.186.184.75|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 404 Not Found
2014-05-04 22:49:39 エラー 404: Not Found。

エラー: 1 行目: 不明なタグ: <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN">
エラー: ファイルが見つかりません (by glob): /root/rpmbuild/RPMS/x86_64/ruby-1.9.3*.rpm
/tmp/alminium
Submodule 'theme/gitmike' (https://github.com/alminium/redmine-theme-gitmike) registered for path 'theme/gitmike'
Submodule 'theme/railsgun' (https://github.com/alminium/redmine_railsgun_theme) registered for path 'theme/railsgun'
Initialized empty Git repository in /tmp/alminium/theme/gitmike/.git/
remote: Counting objects: 34, done.
remote: Compressing objects: 100% (21/21), done.
remote: Total 34 (delta 7), reused 34 (delta 7)
Unpacking objects: 100% (34/34), done.
Submodule path 'theme/gitmike': checked out 'b05dd2caeb86f4011d745ff791f36a7ddcbb1ece'
Initialized empty Git repository in /tmp/alminium/theme/railsgun/.git/
remote: Reusing existing pack: 84, done.
remote: Total 84 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Unpacking objects: 100% (84/84), done.
Submodule path 'theme/railsgun': checked out 'c289e3e797fbb9429826414d29e8ef3ff7e39641'
which: no gem1.9 in (/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin)
inst-script/gems: line 21: gem: コマンドが見つかりません
inst-script/gems: line 21: gem: コマンドが見つかりません
inst-script/gems: line 21: gem: コマンドが見つかりません
inst-script/gems: line 33: gem: コマンドが見つかりません

 

 

えーと 「ALMinium」(Redmine便利カスタマイズ版)をインストールしようとし、ここ丸1日はまった結果 単純な方法で解決したました。

寝てないのでとりあえず簡単に箇条書きで要点を記載していきます。

  • 「Ubuntu 14.04 LTS」出たぜやっほー ということで、各種サーバのリプレイスの試験を始めた。
  • 試験環境は「VM Ware ESXi 5.5」内に仮想サーバ構築で行った。
  • ALMinium」をUnuntu 14.04 LTS に入れようとしたが、インストール中にパッケージが無くなってるとのことであっさり玉砕。
  • Ubuntu 12.04 LTSもまだいけるよね? ってことでセットアップは完了したが、こちらはjenkinsが入ってない。
  • じゃー ということで 「Centos 6.5」にインストール開始、意味不明なエラーが出たり最後まで行ってもjenkinsのチェックで無限ループになり終わらない。(jenkinsを切れば使える)
  • 上記のパッチを当てても状況改善されず。
    こんな感じの現象「jenkinsのインストールスクリプトが完了しない #120
  • ruby関連をいろいろいじりわけわからなくなり何度も再インストールから再開。
  • ネットを調べるが「Centos 6.4」「Centos 6.5」共に動いてる人は苦労せず動いてる模様。
  • で、どっかのサイトのスクリーンショットにインストール時にOSの種別判定分が表示されてることに気が付く、自分の環境では出ない。
  • なんかの直観で、Centos 6.5で最初に「apt-get update」しない状況で、支持通りにコマンドを打った。
  • OS判定メッセージも出て「RedhatEL」と認識されてる。
  • すんなりインストール完了。(初期のjenkins問題も起きない)

えー 私のこの1日は何だったんでしょうか・・・。

たぶんインストーラーのOSバージョン判定がミスってるんだと思いますが、今日は体力ないので本家の記事探す気なし。

もしかしたら周知の不具合なのかもしれませんが・・・。

とりあえず動きました。

ただ、この後どうするかが問題ですよねアップデートしてない巣の状態ですから。

WS000004

 

 

開発環境構築 – Windows 8.1 Proで、ローカル開発環境(LAMPっぽいもの)の構築手段の選定。 – 001 (VMの選定)

Windows8 Proで「LAMP」っぽい実行環境を出来るだけお金かけないで、「sshd」と「git」コマンドを使える環境の構築を試行錯誤してみた。
(友人には諦めて大人しくMac(OSX)を使えと言われるが、どうもあのUIが気に入らなくて、MacMiniも持ってるのですがここ2年ほど起動してないような・・・)

構築手段選択

  • Cygwinを使う。
    (「AMP」環境が本物?ではないのとGit利用時のパーミッション問題で色々あり挫折)
  • Hyper-Vを使う。
    (ターゲットとする端末のCPUが仮想メモリ管理機能の一部を搭載していなく実行不可)
  • VM Ware Playerを使う。
    (商用利用不許可なので却下)
  • Virtual BOXを使う。

本来なら個人的に、Windows8 Pro に搭載されている、「クライアント Hyper-V」を利用しクライアント上に「Ubunu」をインストーし利用したかったのですが、CPUが仮想メモリ関連の一部を搭載していなくHyper-Vを実行できない状態だったため、泣く泣く候補から外すことに。

2013-12-29_033127

で、最終的に残ったのが「Vietual Box」になりました。
以前も記事で「Vagrant」を使い「Virtual BOX」を設定したので、この方法で行ってみようかと思います。
Vagrantで自動的にLAMP環境を自動インストール。(+Wordpress)

 

Vagrantで自動的にLAMP環境を自動インストール。(+WordPress)

今回は、「Vagrant」でLAMP環境「Linux(Ubuntu)」「Apache」「MySQL」「PHP」+「WordPress」環境を自動インストールしていきます。

今回からはWindows環境のみの作業方法ではなく、Linux等でも出来る汎用的な記載をしていきますので、Windowsに依存する部分はWindows用に読み替えてください。
(ほとんどはファイル編集部分かと思います)

前回の記事
WindowsでVagrantによりVertualBox上にUbuntuを自動インストール
の「1」までの作業完了し、Boxを取得しておいて下さい。

今回の作業は以下の内容になります。

  1. 仮想環境の構築
  2. 自動設定用ファイルの作成
  3. 「Vagrantfile」の編集
  4. 仮想マシンの立ち上げ
  5. 各種アプリの動作確 (ブラウザで動作確認)

 

1.仮想環境の構築


mkdir LAMP
cd LAMP

さて、これからOSのインストールを行います。
下記のコマンドを打ってインストール作業を行ってください。


vagrant init precise32

 

するとこのような内容が表示され、初期化が完了しました。


C:\Users\mi\LAMP&gt;vagrant init precise32
A <code>Vagrantfile</code> has been placed in this directory. You are now
ready to <code>vagrant up</code> your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
<code>vagrantup.com</code> for more information on using Vagrant.

続きを読む «…»

WindowsでVagrantによりVertualBox上にUbuntuを自動インストール

さて、今回はWindowsのローカルVierualBoxにUbuntuをVagrantで自動インストールしていきたいと思います。

今回の作業前に前回までの下記記事の作業を完了してください。

 

 

今回の作業内容は以下のような作業を行って行きたいと思います。

  1. Boxを取得(仮想マシンのテンプレート)
  2. 仮想マシンを初期化
  3. 仮想マシンの起動
  4. 仮想マシンの起動状態を変更
  5. 仮想マシンにSSHで接続する
  6. 仮想マシン試しにApacheをインストールし起動する
  7. 仮想マシンのネットワーク設定を変更する

1.Boxを取得(仮想マシンのテンプレート)

http://docs.vagrantup.com/v2/

Windows_Vagrant_Ubuntu_install(1)

にアクセスし、「Getting Started」を選択し「Boxes」を選択します。
こちらにBoxのINSTALL方法が記載されています。

Windows_Vagrant_Ubuntu_install(2)

続きを読む «…»

Ubuntu搭載ソーラー充電ノートPC「SOL」

ソーラーパネルで充電し、電源の確保が困難な状況で使用する用途用ノートPCが出現!
Ubuntu搭載で実稼働8〜10時間
販売予想価格が$350〜 と、とても安い。

SOL_Black-Mamba2.87-copy2SOL-Family

【紹介サイト】

http://japanese.engadget.com/2013/08/06/ubuntu-pc-sol/

http://japanese.engadget.com/2013/08/07/pc-sol-350-400-atom-d2500/

スペックはあまり高くないけど、防水仕様とかも出るようなのでツーリングやキャンプに持って行きたいな と。

ソーラーパネル2時間充電でバッテリー満充電って凄いなー

【メーカーサイト】
http://solaptop.com/en/
http://solaptop.com/en/products/laptops/