エンジニアが読むとワクワクする?書籍紹介 「スーパーコンピュータを創った男 – 世界最速のマシンに賭けたシーモア・クレイの生涯」

今のスーパーコンピュータを言い思い浮かぶのは、ラックにフル搭載されたサーバ群をネットワークで繋いだものを思い浮かぶと思います。

この前世界一になった日本のスーパーコンピューター「京」が記憶に新しいかと思います。
【Wikipedia】
京 (スーパーコンピュータ)

スーパーコンピュータを創った男(3)

世界のTOP500のスーパーコンピューターリストは「http://www.top500.org/lists/」で確認できます。

【Wikipedia】
TOP500

コンピュータのCPUなとは今となってはどれも似たような物ばかりです。
その中でも、上位に「Cray」と名の付くものがあるかと思います。

そんなスーパーコンピューターですが、「スーパーコンピューター」という名も無い頃、超高速演算コンピュータを作りだし後に「スーパーコンピューター」と呼ばれるものを作りあげた人物がいます。

その方が「シーモア・クレイ」という方です。
【Wikipedia】
シーモア・クレイ

スーパーコンピュータを創った男(5)

第2次世界大戦中に軍でエンジニアとし働き、その凄まじい演算能力を民間用に転用し売れないかと考え高演算能力のコンピュータを作り上げていった人です。

その、「シーモア・クレイ」の成功と挫折が書かれた本が

「スーパーコンピュータを創った男―世界最速のマシンに賭けたシーモア・クレイの生涯」

という書籍になります。
(今、Amazonで検索すると新品ではもう無いようでした。中古のみありました)


(現在、中古で204円~ととても安い値段ですので気になった方は買ってみるといいと思います。電子書籍化されてもいいと思うんだけどなー)

プログラムの内容でもなければ、ハードの内容でもありません。
「シーモア・クレイ」がどのようにエンジニアとして生きたかと言う事が書かれています。
CPUや各種回路は高速化のために毎回新設計し、超高速にこだわったことがかかれています。

エンジニアの方が読まれると熱い魂が感じられるのではないでしょうか。
私はこの本を読むと、今はなき会社「DEC」や「Sun」など思いだしてしまいます。

続きを読む «…»

エンジニアが読むとワクワクする?書籍紹介 「闘うプログラマー「上」「下」」

私は、ほぼコンピュータ関連の書籍か、マンガぐらいしか本を読みません(^^;
そんな私がふとしたきっかけで出会って感動した小説などを紹介してみたいと思います。

「闘うプログラマー ビル・ゲイツの野望を担った男達」 「上」「下」巻

1994年に発刊された今となってはかなり古い本です。

購入した理由は、「タイトルが気になったから」ってだけでした。

内容はOSを作らせたら天才的能力を持った「デヴィッド [デーブ]・カトラー」という人物が、自分の作りたい物が外部や色々な制約で作れない状況の時に、Microsoftが次世代OSを開発したいと思う野望とが一致して、「Windows NT」(今の人は知らないかもしれませんが・・・現行Windowsの元になってるOSです)の開発をし、ビルゲイツの野望を成し遂げた話が書かれています。

デヴィッド [デーブ]・カトラー」←(WikiPedia)

2013-11-23_025636

Microsoftに引き抜かれた時点でカトラーは45歳です、そしてなお現在もMicrosoftで現役で活躍してる凄まじい人です。

数年前に復刊され店頭にも並んだのですが、Amazon等で旧書の中古が「1円」などの捨て値で売られていますので、気になった方はAmazonにアクセスし価格を見てみてください。

読んでみるとワクワクできるかもしれません。

また、本書の中に今は無き社名が多数出てきます。
30代以上の方には懐かしい名前ばかりです。

みなさん、アップルの「スティーブジョブス」はとても有名かもしれませんが、本書をよまれてMicrosoftにもこういう表に出ない天才が居ることを頭の片隅にでも残れば幸いです。

【こっちは復刻版です】