Playstation2コントローラーを、Bluetooth信号に変換しAndroid等で使える機材

えー、嫁が中国人の為良く香港経由で、中国に出入りしてた吉川です。

表題のような面白い機器を見つけ購入したのですが、日本の技適マークのない機材を日本国内で使うと電波法違反になるようです

以下のサイトを参考にしました。

【コラム】海外端末における技適問題をひと通り理解してみたいと思って。
http://xperia-freaks.org/2013/12/02/technical-standards/

PSE法(PSEマーク)と電波法(技適マーク)
http://pachapo.blog.fc2.com/blog-entry-281.html

海外で販売されているbluetooth機器ですが、(特に携帯電話用ヘッドセット、jabra,plantronicsなど)、国内での使用はやはり、電波法に抵触するのでしょうか?
http://q.hatena.ne.jp/1214138265

Bluetoothと電波法(問い合わせ内容編)
http://blog.livedoor.jp/spiritual_area/archives/51727047.html

うっかりしてると懲役刑? 拡がるワイヤレス通信機器と法のギャップ (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1003/01/news021.html

 

の対象になるとのことです。

Bluetooth LEデバイスと技適 〜EstimoteのBeaconsを使うと逮捕されるのか〜
http://www.slideshare.net/t26v0748/i-beacon-taiho

WS000235

 

その他、電波法など理解したうえで各自の解釈・責任においてお読みください。

このような商品がありました。

DSC_0028

DSC_0029

CCI20140525

CCI20140525_0001

続きを読む «…»

Android開発環境構築(Windows 8.x 64bit編) – No.01 はじめに

Androidの開発環境をWindows8.x(64bit)上に構築していきたいと思います。

必要な手順は以下のようになります。
(JDK等既に整ってる方は各項目を飛ばして読んで行って下さい)

  1. JDKの設定(Windows 8.x 64bit編)
  2. Eclipse(4.3.1 – Kepler)のインストール、設定(Windows 8.x 64bit編)
  3. Android SDKの設定
  4. ADTの設定 (Eclipseプラグイン)

 

必要であれば「Eclipse」の日本語化を行えます。

 

Nexus7(2012)、Android4.4.2バージョンアップ後のVPN(L2TP/IPSEC)の動作検証

数日前にAndroid4.4.2へのアップデートが配信されたので、アップデート後もう1度検証してみました。

Nexus7(2012)_Android_4.4.2_VPN(1)

Nexus7(2012)_Android_4.4.2_VPN(2)

通信先は、固定IPのRTX1100(ファームウェア Rev.8.03.92)、VPNプロトコルはNexus7(Androidバージョン 4.4.2 ビルド番号KOT49H)標準実装の「L2TP/IPSEC」で行いました。
通信回線は、クライアントに「イーモバイル GL04P」、ルータ側はBフレッツ・ファミリータイプです。

Nexus7(2012)は前回と同様にVPN接続後、ちょっと操作するだけで案の定再起動してしまいました・・・。

うーこやつは「4.4.2」にアップデートしても使えない子のようです・・・。

Googleさん、Nexus7(2012)の方もなんとかしてー

Nexus7 Android4.4アップデート後のランタイムライブラリ「Dalvick」 <-> 「ART」変換後になーんかアプリが落ちる頻度が多くなった?

少し前にNexus7(2013)のAndroidバージョンを4.4にアップグレードしました。

その後、新ランタイムライブラリ「ART」を設定してみました。

その状態で使うと、数種類のアプリが起動しなかったりちょっと挙動がおかしかったりしたました。
まぁ開発者用に入れてもらえてるものなので不具合あることは承知の上で使ってますので良しとします。

ちょっと「ART」のままでは通常利用端末として問題があるかなと思い旧欄ライムライブラリ「Dalvik」に戻しました。

その後1週間ほど使ってるのですがなーんか妙な現象が起きてるような気がします。

  • Chromeが何度も落ちるようになった。
  • スクリーンランチャーアプリが1度落ちた(今まで落ちたことはありませんでした)
  • Razikoというアプリの予約録音時に30分くらいすると音が出なくなることがある。

気のせいかもしれませんが「Dalvik」->「ART」->「Dalvik」に変更時に「アプリの最適化をしています」と出るのですがこの時に何か不具合が生じて「Dalvik」に戻しても元の状態に戻らず不具合が出ている?

ような、気がするような、気のせいのような、妙な感じがします。
まぁ開発者用に入れてもらえてるものなので不具合あることは仕方ないのかもしれませんが。

端末のメモリは2G積んでいますので、1G程余裕ある状態での症状です。

気のせいでしょうかねー

Screenshot_2013-12-10-01-22-30

Screenshot_2013-12-10-01-46-02

 

 

自分的、最近のタブレット端末での文字入力方法の変化について (無理やり外部キーボードを付けていたのを、通常のタッチパネルキーボードに変えました)

以前書いた記事

とかで、一時外部キーボードをつけて作業してみたのですがなーんかいまいちで。

良くなかった点

  • キーボード付きケースの為本来の薄さが失われかなり分厚くなる。(しりぽっけに入らないので却下w)
  • やはり安価なキーボードのため、かなりのタイプミスをしてしまう。
  • 付けては見たものの、意外と長文を書く機会がなかった。
  • キーボードと、液晶の間で腕を動かすことによりなんか疲れる。
  • キーボードを使う形態にすると持ちながらは作業できない。
    机に置いてればいいけど、立ってたり寝転んでたりするとキーボード部分が垂れ下がって邪魔

ということでしょうか。

 

で、最近はケースを外し以下のような方法で使ってます。

Nexus7_キーボード脱着(3)

 

私は「充電依存症」なため本体を逆さに使ってます。
下部にコードがあると邪魔だったんですよ。

ソフトキーには、「ATOK」を使ってます。

そして、若干ソフトキーの高さを低く移動させます。

また、横持も試したのですが、アプリの縦表示が狭くなるのと、下記に書くように指が届かないんですね。

続きを読む «…»

Nexus7(2012)、Android4.4バージョンアップ後のVPN(L2TP/IPSEC)の動作検証

前回の記事「Nexus7(2013)のVPN(L2TP/IPSEC)の動作検証」で、Nexus7(2012)のVPNがすぐ落ちてしまい使い物にならないと記事を書きました。

数日前にAndroid4.4へのアップデートが配信されたので、これは!と思いアップデート後もう1度検証してみました。

Screenshot_2013-11-27-19-16-58

通信先は、固定IPのRTX1100(ファームウェア Rev.8.03.92)、VPNプロトコルはNexus7(Androidバージョン 4.4 ビルド番号KRT16S)標準実装の「L2TP/IPSEC」で行いました。
通信回線は、クライアントに「イーモバイル GL04P」、ルータ側はBフレッツ・ファミリータイプです。

Nexus7(2012)はVPN接続後、ちょっと操作するだけで案の定再起動してしまいました・・・。

うーこやつは「4.4」にアップデートしても使えない子のようです・・・。

Googleさん、Nexus7(2012)の方も治してほしいですねー

AndroidがPC(Windows)から認識しない場合に最新版のUSBドライバをインストールする。

Nexus7(2013)がPCから自動認識されなかったので新しいUSBドライバをダウンロードしインストールしたいと思います。

対象PCのOSは、「Windows8.1 Pro」になります

まず、Android端末側の設定の「開発者向けオプション」内の「USBデバッグ」にチェックをつけます。

Android_New_USB_Driver(12)

 

 

USBデバッグを許可するか問い合わせしてきますので「OK」を選択します。

 

Android_New_USB_Driver(13)

 

この状態でPCにUSB接続し、「コントロールパネル」から「デバイスマネージャ」を開きます。

すると、「Nexus7」が認識されていないのがわかると思います。

Android_New_USB_Driver(1)

続きを読む «…»

Nexus7(2013)のVPN(L2TP/IPSEC)の動作検証

旧型機Nexus7(2012)でアップデートによってVPN通信すると再起動するようになってダメダメになってしまったVPNですが、新Nexus7(2013)にて、同じ設定にて動作検証してみました。

通信先は、固定IPのRTX1100(ファームウェア Rev.8.03.92)、VPNプロトコルはNexus7(Androidバージョン 4.3.1 ビルド番号JKLS361)標準実装の「L2TP/IPSEC」で行いました。
通信回線は、クライアントに「イーモバイル GL04P」、ルータ側はBフレッツ・ファミリータイプです。

Nexus7(2012)はVPN接続後、ちょっと操作するだけで案の定再起動してしまいました・・・。
Nexus7(2013)は、VPN接続後、30分の動画を「BS playey」という動画プレイヤーで再生したところ途切れることもなく、再起動もなくまともに使えました。

これで、やっと普通に戻ったという感じですがNexus7(2012)の方も治してほしいですねー

 

後日、Android4.4にアップデート後にもう1度試してみました。
Nexus7(2012)、Android4.4バージョンアップ後のVPN(L2TP/IPSEC)の動作検証

自分は、極度のバッテリー充電依存症? です。 が、好きでは無かったAppleが改善してくれました_(_ _)_

各種機材がほぼバッテリー残量100%じゃないととても不安になりますし、最大の稼働時間を確保したいためバッテリーを常に100%状態に保てるようすぐに充電します。

また、使うときも可能な限り充電状態で利用します。

いつからかこの様な体質になってしまったのでしょうか・・・。

 

10代の頃購入したノートPCはどれも実稼働1時間ちょっと持てば良いくらいで、持ち運べるパソコンってことでバッテリーはありがたく感じたくらいでした。

そのうち欲が出てきてある程度の処理速度、1日の作業をカバー出来るくらいの実稼働が欲しくなり色々試行錯誤し購入し「ミニノート」や「省電力CPU搭載」等色々使って当時出した結論は、「バッテリーの短さは体力でカバーする!」って結論で、「Compaq Armada E500(PDF)」ってノートPCにバッテリーを3個積んで実稼働8時間を実現してました、ちなみにノートPC一式の重さは約4キロ程度になってたかと思います。
それを体力でカバーし、仕事用にモバイルしてました。

まだ、このころは依存症ってことはなかったと思います。(バッテリー3個搭載のおかげで(^^))

 

ガラゲーが多機能化してきたころでしょうか、このころからバッテリーの短さに気になりだし、予備バッテリー2個と充電アダプタを常に持ち歩くようになっていったのかもしれません。

さて、昔話はここで終わりにして最近の事情を書いていきましょうか。

続きを読む «…»

自分的、お気に入りアプリ紹介(Android) – 「Auto Settings」

このアプリは、特定の条件(アプリ起動中や充電中)等によって「Wifi」「画面回転」「スリープまでの時間」等の項目を自動的に切り替えてくれるアプリです。

通常は「画面回転」を無効にしてて、動画プレイヤーを立ち上げたら「画面回転」を許可し、「画面の明るさ」を100%にする等の設定が細かに出来てとても便利なアプリです。

他言語化されているので初心者にでも設定しやすいと思います。

アプリ名(無料):「Auto Settings Free」 Google_play_btn_en_generic_rgb_wo_45
アプリ名(有料):「Auto Settings」 Google_play_btn_en_generic_rgb_wo_45

 

有料と無料版の違いは、登録出きるアプリ数になります。(確か無料版は1つだけだった気がします)

かなり便利です!